【10万人分を調査】Twitterのフォロー・フォロワーの平均は?

Instagram
この記事は約6分で読めます。

今や10代、20代の80%近くが利用している、最もメジャーなSNSの一つであるTwitterモバイル社会研究所調べ)。

Twitterを利用している人の中には、

自分のフォロワーは少ないのかな?

と不安になる方もいらっしゃると思います。

実際、Twitterのフォロワーが1万人を超えていると、Twitterの運用だけで売上を上げられるようになると言われる様に、フォロワーの数はTwitterの運用において、重要なウエイトを占めているのは事実です。

そこでフォロー・フォロワー数の目安を知るため、筆者は

10万人分のフォロー数・フォロワー数のデータを調査しよう!

と思い立ちました。

当然10万人分のデータを、手作業で集計することはできませんので、今回はPython(プログラミング言語)とTwitter APIを用いて、自動的に調査することにします。

本記事では

  1. Pythonによる調査手法についての解説
  2. フォロー・フォロワー数の目安

について説明します!

結論:フォロワーが1000人を超えているのはすごい

フォロワー数と立ち位置

フォロワーの数と、その立ち位置は上の表の通りです。

フォロワーが1000人を超えている人は上位20%に入るので、十分にすごいと言えそうです。

結論としては、フォロワーが1000人を越えている場合、フォロワーが多いと考えてよいでしょう。

以下では、フォロー・フォロワー数の詳細について解説していきます。

調査方法

今回はPythonを用いて、ユーザーのフォロー・フォロワー数を調査します。

調査にあたっては、Twitter APIというTwitter社が提供している機能を使います。

具体的には、

  1. あるユーザーのフォロワーをランダムに選ぶ
  2. そのフォロワーのフォロワーをランダムに選ぶ

としていき、ランダムに選んだ10万人のデータから、データを算出します。

なお、データは2022年5月30日時点のものです。

Twitter APIの利用回数制限が相当厳しくて、
10万件のデータを集めるのに大分時間がかかりました…

ちなみにサンプルサイズ(調査するデータの数)はいくつなら十分なのでしょうか。

信頼区間が95%で、誤差範囲が1%、母比率が50%で母集団のサイズが不明な時は、9604件のデータがあれば十分です(計算)。

今回は10万件のデータという数の暴力で、圧倒的に信頼性の高いデータを算出しています。

フォロー・フォロワー数の目安

早速ですが、調査結果について解説します。

フォロワー数の平均値・中央値

項目フォロワー数フォロー数
平均値4665人3674人
中央値184人626人
サンプルサイズは100,273件です。

フォロワー数については平均値が4665人中央値が184人です。

フォロワー数人数割合
0~100人40650人41%
101~200人10889人11%
201~300人6568人7%
301~400人4821人5%
401~500人3685人4%
501~600人2932人3%
601~700人2401人2%
701~800人1976人2%
801~900人1763人2%
901~1000人1462人1%
1001人~23125人23%
フォロワー数の分布

こちらの表を見れば分かる通り、80%近くの人はフォロワー数が1000人以下です。

特にフォロワー数が100人以内の人が、全体の40%を占めている事がわかります。

フォロワー数が1000人以上の人は、上位20%くらいにいるってことですね。

円グラフ

フォロワー数をグラフで可視化します。

フォロワー数を可視化したグラフ

フォロワーが1000人を越えているのは、グラフ左上の茶色い部分に該当する人だけです。

このように可視化すると、フォロワー数が1000人を超えていることの凄さが分かると思います。

フォロワー数を可視化したグラフ

こちらのグラフからは、フォロワー数が2500人を超えている人(グラフのうち、赤くなっていない左上の人)は、極わずかであると分かりますね。

フォロワー数が2500人を超えている人は、たった12%のみです。

そしてフォロワーが1万人を超えているのは4%ほど、5万人を超えているのは1%ほどです。

フォロワー数が1000人を超えていれば、上位20%
2500人を超えていれば、上位10%

フォロワー数の立ち位置の一覧

フォロワー数が○○人の人は、どれくらい上位にいるのでしょうか。

一目で分かる図を作成してみました!

フォロワー数と立ち位置

自分のフォロワー数がどの位置にいるか、確認してみてください!

フォロー数の平均値・中央値

項目フォロワー数フォロー数
平均値4665人3674人
中央値184人626人
サンプルサイズは100,273件です。

Twitterにおけるフォロワー数の平均値は4665人、中央値は184人です。

フォロワー数、フォロー数共に、平均値と中央値のズレが著しいですね。

つまり、一部のユーザーが極端に多くのフォロワーを有している、多くフォローしているために、平均が釣り上げられているようですね。

フォロー数の分布

フォロー数は、自分で沢山フォローすることで簡単に伸びるので、特に意味のない数値ではありますが、ついでにまとめています。

フォロー数は平均値が3674人、中央値が626人です。

フォロー数人数割合
0~100人15592人16%
101~200人10648人11%
201~300人7781人8%
301~400人6143人6%
401~500人4976人5%
501~600人4070人4%
601~700人3469人3%
701~800人3105人3%
801~900人2729人3%
901~1000人2522人3%
1000人~39237人39%
フォロー数の割合

平均値こそ3600人ほどですが、フォロー数が1000人を超えているのは全体の半分弱であり、決して多いわけではないですね。

円グラフ

円グラフからは、フォロー数は人によってまちまちということが分かりますね。

強いて言えば、フォロー数が1000人以上なら、上位40%にいることになります。

まとめ

以上、10万人分のデータを元に、フォロー数・フォロワー数の目安を算出してみました。

フォロワー数は1000人を超えていると、上位20%
フォロー数は1000人を超えていると、上位40%

ということが分かりました!

Twitterの分析

本記事では、筆者がPythonを用いてプログラムを実行することで、フォロー数・フォロワー数を調査しました。

しかし、プログラムを用いた調査手法は、学習コストも高く、プログラミングを未習の方にはあまり現実的ではありません

そこでオススメの方法がSocialDogというツールを用いる方法です。

SocialDogは「初期費用・月額は無料~」で使えるツールで

  • 本記事のような、自身のフォロワーの分析はもちろん
  • カレンダーに対応した自動ツイート機能
  • フィルターなどを用いた強力なフォロワー管理機能
  • TwitterのAnalyticsでは確認できない情報を確認可能

などなど、Twitterを本気で運用しようとしている人には必須の機能が盛り沢山です。

本記事のような分析、Twitterの本気の運用を目指している方にはオススメのツールになっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました