楽天モバイルで1GB以内に自動で制限を設定する方法【Android】

アイキャッチ節約
この記事は約3分で読めます。

こんにちは!

楽天モバイルを使っている方は、できるだけ料金を抑えたいと考えていると思います。
特にサブ回線等として使っている方は、できれば通信量を1GB以内に抑えて、タダで使いたいですよね。
他にも3GB、20GBまでに抑えて料金が高くなりすぎないようにしたい方もいると思います。

料金表
引用

しかし、1GB、3GB、20GBの節目を超えないか常にビクビクしながら使うのはあまり現実的ではありませんよね。

そこで本記事では、

  • Android端末でデータ通信量が1GBを超えないように自動的に制限する方法
    • ちなみにこの方法は3,20GBにも簡単に応用できます!
  • 自動でデータ通信量を制限をできないiPhoneではどうすれば良いか

を解説します!

まだ楽天モバイルを利用していない方は、こちらからご利用をぜひ検討してみて下さい!

自動的に楽天モバイルを1GBに制限をする方法

以下の方法は必ずしも全ての端末でできるとは限りません
また端末によって設定方法は若干異なる可能性があります。
なお筆者はAndroid 11, Android 12のPixelやRakuten miniで実際に設定可能だったことを確認しました

自動的に1GBに制限をする方法
  • 1
    データ使用量を開く

    設定を開き、「Wifiとネットワーク」を選択する。
    次に「データ使用量」を選択。

    データ使用量
    データ使用量
    Pixel
    Pixel

    Android12のPixelでは「データ使用量の警告と制限」という項目が別途設けられていました。
    そのためここでの解説とは設定への辿り着き方がやや異なります。

  • 2
    お支払いサイクルを選択する
    お支払いサイクル
    お支払いサイクル

    楽天モバイルの「お支払いサイクル」をタップする。

  • 3
    ネットワークから自動切断を選択
    ネットワークから自動切断
    ネットワークから自動切断

    ネットワークから自動切断」をタップしてONにする。

    次に「データ使用量の制限」をタップして、「900MB」とする。

    データ使用量の制限
    データ使用量の制限

    900MBにしている理由

    本来であれば1GB(=1024MB)まで使っても良いのですが、端末側と楽天モバイル側でデータ通信量のカウントに誤差がある可能性があります。
    もし制限値をギリギリにして(1000MBなど)、万が一1GBを超えたら嫌なので、安全のために900MBにしています。

    ここでは1GBに制限する方法を解説しましたが、3GB,20GBでも同様に設定できます。

    それぞれ2.9GB,19.9GB程度に制限すると安全でしょう。

    一部端末や昔の端末では「ネットワークから自動切断」の項目がない場合があります。
    その場合は、「データ使用量の警告を設定」を選択してください。
    自動的にデータ通信が切ることはできませんが、上限に達した時に通知を受け取れます。
    その際に手動でモバイルデータ通信を切ることができます。

  • 4
    完了!
    上限を超えた時
    上限を超えた時

    今後制限を超えると、上のように自動的にモバイルデータ通信が無効になります!

iPhoneではギガを制限できない

上述の設定はAndroid端末でしかできません。
iPhoneはそういった細かいところで融通がきかないのが難点ですね…

iPhoneでは
設定」→「モバイル通信」から、写真のように現在までの通信量の合計が表示されます。

それが1GBを超えないように都度確認する必要があるでしょう。

まとめ

Android端末では、データ通信量の上限を設定できる!
上限を1GBに設定すれば、楽天モバイルがタダで使える!

楽天モバイルと他のサービスを併用して、安く、沢山のギガを使える方法をまとめた記事もあります。
ぜひご覧ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました