Chromeの9つの点の中身をカスタマイズ【G App Launcher】

ガジェット
この記事は約3分で読めます。

PCでChromeをお使いの方は、新しいタブやGoogleのトップページを開いたときに9つの点が表示されていますよね。

アプリランチャーはこれです!

この右上に表示されている9つの点は「アプリランチャー」と呼ばれています。

しかしそのアプリランチャーは、

  • 使いたいアプリ・サービスを入れられない
  • アプリの順番の並び替えが自由にできない
  • Google AnalyticsやSearch Consoleに直接飛ぶ方法がない

という不都合があります。

そこでオススメしたいのがGoogle Chrome用の拡張機能である、G App Launcher (Customizer for Google™)です。
以下ではG App Launcherの使い方や機能について解説していきます。

どんな拡張機能?

簡単に機能を説明すると

  • アプリランチャーの中身を自由に入れ替えられます
  • 拡張機能がないと入れられないサービス(Google AnalyticsやSearch Console、キーワードプランナー、Adsenseなどなど)もメニューに入れられます
  • 自分で設定したリンクなどに飛ぶことができます
  • 設定した内容は複数端末で同期できます

非常にシンプルかつ高機能な拡張機能です!
個人的には、デフォルトでは対応していないサービスにもひとっ飛びできるのが非常にありがたいです。
例えばGoogle Analyticsなどは一々ブックマークに入れてからサイトに飛ぶのは億劫ですしね…

導入方法

Chromeの拡張機能なので、Chromeを利用している方なら、数クリックで導入可能です。

G App Launcher (Customizer for Google™)のページに飛び、右上の「Chromeに追加」を選択します。

このボタンです

そうすると、自動的に拡張機能が導入されますので、非常に簡単です!

ランチャーの使い方・設定方法

あとは、Googleのホームページや新しいタブで実際にアプリランチャーを確認してみてください。
例えば筆者は下の写真のように設定しています。

筆者のランチャー

アナリティクスはデフォルトで設定できないので、ランチャーに入れられるのがありがたい…!

右上の歯車アイコンから、使用するアプリアイコンを編集できます。
カスタムリンクという機能を使えば、Googleのサービス以外でも任意のウェブサイトをアプリランチャーに入れることができます。

まとめ

以上、Googleアプリランチャーをより自由に編集できる拡張機能を紹介しました!

  • アプリランチャーにGoogleアナリティクスやサーチコンソールを入れたい
  • より自由にアプリの順番を並び替えたい

という方には大変おすすめです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました