Oneplus10Proが発表されました【Pixel6Proと比較!】

Oneplus10Proガジェット
この記事は約4分で読めます。

2022年1月11日にOneplus10Proが発表されました!
今回は無印版への言及は特にないようですが、恐らく後日発表されるのでしょう。

この記事ではOneplus10Proに乗り換える価値があるかどうか、Pixel6Proとスペック等を比較してみたいと思います。

Oneplus10Proってどんな製品?

Oneplus10Proの写真
カメラがどんどんゴツくなってきた…

ざっと説明するために、下にスペック表を貼ります!

発売日中国の現地時間で2022年1月13日
搭載OSColorOS 12.1(Android12ベース)
ディスプレイ6.7インチのAMOLEDディスプレイ
120Hzのリフレッシュレート
LTPO 2.0対応(スムーズ・低電力消費で可変レートに対応)
重量200.5g
CPUQualcomm SM8450 Snapdragon 8 Gen1
次世代のチップセットで先代より20%の性能向上
またゲームは従来の2倍のフレームレートで実行可能
ストレージ/メモリ128GB/8GB, 256GB/8GB, 256GB/12GB
バッテリー5000mAh
外カメラ4800万画素のメインカメラ
5000万画素、画角140°の超広角カメラ
800万画素の望遠カメラ
インカメラ3200万画のカメラ、広角対応
指紋認証画面下の指紋認証
充電80Wの高速有線充電
50Wの高速無線充電
スペック表

今回もハッセルブラッド(スウェーデンのカメラメーカー)との協力で、カメラに力を入れているようですね。

一番気になる価格ですが、中国では4699元(日本円にすると約8.5万円程)からの発売になるそうです。
その他地域では10万円を超える発売価格になりそうです。
全然現役で使えるOneplus8Proが6万ちょいで買えることを鑑みると、なんか高く感じますね…

また海外の記事によるとグローバル展開は3月末までに行われ、出荷時にはColorOSと統合されたOSではなく、OxygenOS12が搭載されるそうです。

Pixel6と比較

一気に表にしてみました。
なお、スペック的に勝利している部分については赤字にしてあります。

項目Oneplus10ProPixel6Pro
価格約8.5万円~11.6万円~
ディスプレイサイズ6.7インチ、LTPO2 OLED6.7インチ、LTPO OLED
リフレッシュレート120Hz120Hz
重量200.5g210g
CPUQualcomm SM8450 Snapdragon 8 Gen1Google Tensor
メモリ8GB/12GB12GB
バッテリー5000mAh5000mAh
外カメラ4800万画素のメインカメラ
5000万画素、画角140°の超広角カメラ
800万画素の望遠カメラ
5000万画素のメインカメラ
1200万画素、画角114°の超広角カメラ
4800万画素の望遠カメラ
インカメラ3200万画素のカメラ、広角対応1110万画素のカメラ
指紋認証画面下の指紋認証画面下の指紋認証
顔認証×
無線充電
おサイフケータイ×
5G日本の周波数に弱い日本の周波数に対応
スペック比較表!

スペック的には互角かなという印象です。
特にカメラは画素数で直接勝負できるものではないので、実際に作例を見て比べてみないとわからないですね…

Pixel6Proは日本の独自規格に強いというのが圧倒的なメリットですが、一方で値段は大きなネックとなっていますね…
価格を重視するのであれば、そのうち出るだろうPixel6aにも注目してみたいですね(バグも流石に減るでしょうし!)

また、2022年後半に後継機種であるOneplus10Tが発売の見込みです。
Oneplus10Tの詳細については、Oneplus10Tのリークが公開【フラッグシップキラーに?】を合わせてお読みください!

携帯代を抑える

Oneplusも以前とは違い、徐々に高価格帯の商品に注力するようにシフトしてきました。
Oneplus7とかの頃はもっと安くて、スペックも結構良かったんですけどね…

そこでせめても通信費は抑えていきたいですよね。
下のページでは携帯代を極限まで下げる方法を説明しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました