Pixel 6a正式発表!Pixel6との違いは?【コスパ最高】

アイキャッチガジェット
この記事は約9分で読めます。

Google純正の大人気スマートフォン、Pixelシリーズですが、最新作であるPixel7, Pixel7 Proと同時に、Pixel6の廉価版であるPixel6aも発表されました

Pixle6aの発売日7月28日で、予約は7月21日10時から行われました

そんなPixel6aはPixel6の廉価版であるにも関わらず、Pixel6に負けず劣らずの性能を誇っています。

本記事では、

  1. Pixel6aのスペック徹底解説
  2. Pixel6aとPixle6の違いは?
  3. Pixel6a発売まで待つべき?どんな人にオススメ?

について詳しくまとめています!

Pixel6aってこんなスマホ

  • 53,900円で最上位機種と同じ処理性能
  • これといった欠点がない万能型
  • 画面のリフレッシュレートが60Hz
  • ストレージが128GBで、使う人の中には物足りない人もいるかも…
  • 指紋認証にやや難あり?

Pixel6aはこんな人におすすめ

まずPixel6aがオススメな人についてまとめると、

  • 少しでもスマホにかけるお金を減らしたい
  • スマホの性能にそれなりにこだわりがある人(Google Tensorは十分な性能!)
  • 写真・音楽をスマホに保存せずに、Google Driveなどのクラウドストレージで管理することが多い人
  • 90Hz、120Hzなどの高いリフレッシュレートにこだわりがない
  • ワイヤレス充電へのこだわりがない

Pixle6aのスペック

Google I/O 2022でPixel6aのスペックの詳細について発表されたのでまとめていきます!

項目内容
価格53,900円
カラーバリエーション薄緑、白、黒の3種類
SoCGoogle Tensor
RAM6GB
ディスプレイ6.1インチ
FHD+
OLED
60HZ
重量約178g
外カメラ12.2MP(広角)+12MP(超広角)
内カメラ8MP
バッテリー4410mAh
指紋認証対応
5G対応
スペック一覧

価格

Google公式ストア53,900円です。

前モデルのPixle5aは51,700円でしたので、ほぼ据え置きだと言って良いでしょう。

Pixel6aの割引・キャンペーン情報についてはこちらの記事をご覧ください。

なお、Pixel6aは学割を利用すると、48,510円で購入することができ、超オトクです。
学生の方は、下の記事も必見です。

カラーバリエーション

カラーバリエーションは3種類です。

Sage
Chalk
Charcoal

それぞれセージ(植物の名前)、チョーク、木炭の色となっています。

Sage | We grow fresh herbs outside for cooking. Here's an up… | Flickr
セージってこんな植物です。(引用元

いつものことながら独特のネーミングですよね笑

SoC

Google Tensor
Google Tensor

Pixel6, Pixel6 Proと同じGoogle Tensorを搭載しています。

Googleは、前モデルのPixel5aに比べて5倍の処理能力があると説明しています。

Pixel6aのAntutuスコアは65~69万点付近になっています。

Pixel 6aのAntutuスコアについて詳細にまとめた記事も合わせてお読みください。

RAM(メモリ)

6GBです。

決して足りないということはないけど、8GBあったら、より嬉しかったですね…

ストレージ

128GBのみです。

やや少ない感も受けますが、Google Driveなどのクラウドストレージが主流になっている今、そんなにストレージは必要ないのかもしれませんね。

SDカード非対応

また他のPixel端末やAndroid端末同様でSDカードは非対応です。
そのため、物理的にストレージを拡張することも出来ません。

筆者はSpotifyのオフラインデータだけで50GB使っているので、
容量は大いに越したことはないタイプです。

ディスプレイ

ディスプレイ

6.1インチのFHD+(フルHD)でOLEDです。

OLEDとは

液晶とは異なり自ら発光するので、より薄くて軽く、消費電力が少ないのが特徴なディスプレイ

またリフレッシュレートは60Hzです。
現在の端末では90Hzのものが多いので、ここで引っかかる人は多そうですよね。

カメラ

外カメラ

カメラ
  • 12.2MPの広角カメラ
  • 12MPのウルトラワイドカメラ

の二点構成です。

主カメラの性能がやや低めなのが難点でしょうか。
しかしGoogleはPixel5aでも、カメラの性能の低さをお得意のAI技術で克服した過去があります。

内カメラ

8MPのカメラです。

バッテリー

容量は4410mAhです。

有線充電のみ可能で、無線充電には非対応です。
有線では18Wの高速充電が可能で、

わずか数分の充電だけで数時間スマートフォンを使用できます。

公式ストア

と説明しています。

Googleはバッテリーセーブ機能によって24時間以上バッテリーが持ち、スーパーバッテリーセーバーを利用すれば、72時間のバッテリー持ちが実現できるとも主張しています。

なおPixel6aのバッテリー持ちの問題については、こちらの記事も合わせてお読みください。

対応バンド

Pixel6aは各キャリアで、基本的に問題なく利用できます。
しかしミリ波に対応していないため、5Gの超高速通信の恩恵は受けられない見込みです。

各キャリアのバンドへの詳細な対応状況は下の記事をご覧ください。

指紋認証

画面内指紋認証には対応している一方で、顔認証には非対応です
Pixel6aのセキュリティを向上させたいというGoogleの思惑が出ているのでしょう。

なお、Pixel6aの指紋認証の性能向上や、不具合についてまとめた、Pixel6aの指紋認証は前機種より高速に・一方で不具合も?も合わせてお読みください!

イヤホンジャック

イヤホンジャックは非搭載です。

Bluetoothイヤホンなど、無線イヤホンが流行していることを踏まえると、仕方のない流れですね…

イヤホン・ヘッドホンに関する調査【2020年版】によると、
2020年時点で、無線イヤホンの使用率は、有線イヤホンに肉薄しているようです。

またGoogleはPixel6aと合わせて、Google Pixel Buds Proを発表しました。

片方の Google Pixel Buds Pro(Lemongrass)の正面画像

Googleが有線イヤホンから離れようとしている意思を感じます。

また予約発売当初は、Pixel Buds A-Seriesを無料で合わせてプレゼントするという割引を実施していました(現在は終了)。

おサイフケータイ

Pixel 6aはFelicaを搭載しています。

そのため、おサイフケータイに問題なく対応しています。

モバイルSuicaが使えるか使えないかは、今や大きな問題!

発熱問題

Pixel 6aでは発熱問題がある可能性が指摘されています。
具体的には、カメラ使用時などにPixel本体が熱を持つことがあるようです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

おすすめケース

スマホを使うときは、できればケースを付けて大切に使いたいですよね。

しかしPixel 6aは人気機種ですので、ケースも多種多様です。

ケースの種類が多くて、どれが良いか分からない…

という方にはこちらの記事がオススメです。

Pixel6aとPixle6の違い

まず違いを表にまとめていきます。
比較して勝っている要素は太字にしてあります。

項目Pixel6aPixel6
価格53,900円74,800円
カラーバリエーション薄緑、白、黒の3種類3種類
SoCGoogle Tensor
RAM6GB8GB
ストレージ128GB128GB
256GB
ディスプレイ6.1インチ
FHD+
OLED
60HZ
6.4インチ
FHD+
90Hz
重量178g207g
外カメラ12.2MP(広角)+12MP(超広角)50MP(広角) + 12MP(超広角)
内カメラ8MP
バッテリー4410mAh4614mAh
指紋認証対応
5G対応
スペック対照表

ここからは何点かピックアップして、スペックを比較していきます。

価格

現在のPixel 6aとPixel 6の価格差は2万円程です。

Pixel 6aはPixel 6の廉価版としての役割を十分に果たしているでしょう。

処理性能

SoCは同じですが、RAM(メモリ)でPixle6の6GBと、Pixel6aの8GBで、多少差があります。

RAMが少ないと、バックグラウンドのアプリが維持されずに、もう一度開き直しになったりするので、
多少手間ですよね。

Pixel6aには256GBのストレージの候補はありません。
128GBでも足りないことはないですが、若干心もとないなとは思います。

ディスプレイ

Pixel6aは60Hzにしか対応していません…
今の端末では90Hzに対応しているものも少なくないので、やや残念ですね。

一度90Hzを体験してしまうと、60Hzに違和感しか感じなくなってしまうんですよね笑

重量

地味に使い心地に影響をする、スマホの重さ。

重量ではPixel6aが178gと、Pixel6に比べて約10%軽量化しています。

手が小さい、スマホが重くて疲れやすいなどといった悩みがある方には大きな要素ですね。

個人的には、スマホの重さは重視しています。
200gを超える端末はどうしても負担になりますよね…

カメラ

カメラでは、大きく差がつきましたね。

項目Pixel6aPixel6
カメラ12.2MP(広角)+12MP(超広角)50MP(広角) + 12MP(超広角)
カメラの差

しかしPixel6aはPixel6の廉価版であるということを考えると、当たり前と言えば当たり前ですね!

またGoogleはAI技術でカメラの性能の低さを補ってきたので、個人的にはそれほど心配していません

バッテリー

バッテリー容量では大きな差がついていませんが、Pixel6aはワイヤレス充電に非対応という点で、Pixel6の後塵を拝しています。

無線充電を重視する人にとっては痛いポイントですね…

Pixel6aとiPhoneSEの違い

本記事ではPixel6aとPiexel6の比較をしましたが、HIYOTA.blog様でPixel6aとiPhoneSEの比較をした記事、
Pixel6aは高コスパの予感!? iPhoneSEと比較する
が公開されていますので、合わせてお読み下さい!

Pixel6aは待つべき?

以上、Pixel6との比較をメインに、Pixel6aのスペックを解説してきました。

それを踏まえて、以下に当てはまる方は、夏までPixel6aを待つのがオススメです!

  • 少しでもスマホにかけるお金を減らしたい
  • スマホの性能にそれなりにこだわりがある人(Google Tensorは十分な性能!)
  • 写真・音楽をスマホに保存せずに、Google Driveなどのクラウドストレージで管理することが多い人
  • 90Hz、120Hzなどの高いリフレッシュレートにこだわりがない
  • ワイヤレス充電へのこだわりがない

Pixel 7/7 Proの情報も

次期端末であるPixel7・7Proの情報も少しずつ出てきています。

こちらの記事から詳細をチェック!

コメント

タイトルとURLをコピーしました