【レビュー】wf1000xm3のマイク性能【通話品質】

アイキャッチガジェット

こんにちは!

Sonyから発売されている完全ワイヤレスイヤホンwf1000xm3ですが、その音質については折り紙付きと言えます。

オンライン会議等でマイクが必要になることも多くなっている現在、マイクの必要性は年々向上しています。
しかしマイク性能について話題になることはあまりありません。

そこで本記事では、実際にwf1000xm3を1年以上使っている筆者が、そのマイク性能についてレビューしていきます。

wf1000xm3のマイク性能のアップデートがされた

wf1000xm3は2020年頭頃に、マイク性能向上のためのアップデートがされています(ファームウェア2.1.0)。

そのアップデートにより、雑音除去の性能が向上しています(詳しい内容はこちらの動画から)。
本記事ではアップデート後のマイク性能についてレビューしていきます。

マイクのレビュー

自宅でのマイク使用時

  • 自宅使用時は特に問題なく声を拾う。
  • 割りと小声で喋っていても声を拾う。
  • wf1000xm3はスマホだけではなく、PCでもマイクとして利用できるので、zoomなどでのオンライン会議等でも、有線マイクと遜色なく利用できる。
  • きちんと声を拾うが、特別音質が良いというわけではない。
  • オンライン会議等に使うため、一度PCに接続すると、わざわざスマホに繋ぎ直すのがやや面倒

幾分の弱みはありますが、概ね問題なく利用できます

外出時の使用時

  • 特に騒音がない環境であれば、利用できる。
  • ノイズ除去がイマイチ。想像以上に騒音を拾ってしまう。
    • 風に弱い。強い風が吹いた時は「ゴー」という騒音にかき消されてしまうので、ほとんど声は拾われない。
    • 車などの騒音に弱い。近くを車や緊急車両が通った時は、そちらの音を拾ってしまう。

このように屋外での利用にはやや難があります。
マイクは基本的に屋内向けだと考えるのが良いでしょう。

実際にスマホのマイクと、wf1000xm3のマイクを交互に利用して通話相手に聞いてもらいましたが、

  • スマホのマイクはそれなりにノイズを除去した
  • wf1000xm3はノイズを大分ひろってしまった

と評価されました。

車などの騒音が酷いところでは、スマホのマイクを利用したほうが相手にとって良いと思われます。

楽器などの大きい音を録音する

大きい音はほとんど録音できませんでした。音が潰れてしまいます。

こちらは当然といえば当然ですね。
大きい音を収録する際は、専用のマイクを使うほうが良いでしょう。

まとめ

以上wf1000xm3のマイクのレビューをしてきました。

Bluetoothイヤホンの特性上、声を拾いづらいので、音質に期待できないのは仕方ないですね…
しかし、しっかりとした静かな環境であれば、普通のマイクとして利用することは可能なので、オンライン会議等には耐えうる性能だと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました