Pixel 7/ 7 Pro正式発表!前シリーズよりも値上げ

ガジェット
この記事は約7分で読めます。

Pixel 7、Pixel 7 Proが正式に発表されました。

本記事ではPixel 7シリーズの情報について詳細に解説します!

Pixel 7シリーズまとめ

Pixel 7シリーズの要約
  • 価格はPixel 6シリーズより値上げ。最安モデルは82,500円
  • 予約は既に開始。発送は10月13日頃になる見込み。
  • SoCはPixel 6シリーズに搭載されたものの次世代モデル「Tensor G2

Pixel 7シリーズの詳細情報

Pixel 7、Pixel 7 Proの詳細情報について解説します。

価格

価格は以下の通りです。

容量Pixel 7Pixel 7 Pro
128GB82,500円124,300円
256GB97,900円139,700円
Pixel 7シリーズの価格。全て税込み価格

ドル建て価格では、Pixel 6シリーズと同じ価格なのですが、円建て価格では全てのモデルで価格が上昇しています。

容量Pixel 6Pixel 6 Pro
128GB74,800円116,600円
256GB85,800円127,600円
Pixel 6シリーズの価格。全て税込み価格。

例えば128GBモデルで言えば、Pixel 6と7を比較すると、8,000円ほどの価格上昇となっています。

円安の影響は避けられませんでしたね…

一年前に比べて円は約1.3倍安くなりましたが(1ドル110円→144円)、価格上昇は10%ほどに抑えられています。

海外での価格に比べて、より割安になったと言えそうですね。

発売日時

10月6日に予約が開始しました。

こちらのサイトから予約が可能です。

なお、商品の発送はちょうど1週間後の10月13~14日になる見込みです。

公式サイトより引用

外観

Pixel 7、7 Proは、前端末であるPixel 6、Pixel 6 Proに比べて、その基本は継承しつつも、ビジュアルが変更になっています。

上がPixel 7、下がPixel 7 Pro

Pixel 7

画像・動画から分かる通り、カメラ部分のデザインが大幅に変更になっているのが分かると思います。

また新たにPixel 7のデザインを示した動画が公開されました。

デザイン動画

Pixel 7ではカメラを2つ搭載していますが、これはPixel 6から変更はありません。

また、カメラの出っ張りもPixel 6と同様に残っています。

普段使いにはケースが必須となってくるかもしれません。

Pixel 6
参考:Pixel 6のボディー

Pixel 7 Pro

Pixel 7 Proも同様に、カメラ部分のデザインが特に大幅に変更になっています。

Pixel 7 Proはカメラの個数が3つですが、これはPixel 6 Proから変更ありません。

(2022年9月28日追記)

GoogleはPixel 7 Proの詳細なデザインを示す動画を公開しました。

高級感のあるメタリックさが前面に押し出されてる!

Pixel 6シリーズに引き続き、ケースが無いと困るレベルのカメラの出っ張りがあるのは、やや残念だけど…

Pixel 7 Proのデザイン動画
Pixel 6 Pro
参考:Pixel 6 Proのボディー

個人的には7/7Proは、6/6Proよりもメタリックになって質感がよく見えるから好みです…!

カラーリング

Google公式ストアでカラーリングの情報が公開されていました。

Pixel 7, 7 Proともに3色のカラーリングです。

Obsidian(黒曜石:黒色のこと)とSnow(雪:白色のこと)は共通色です。

個人的には、Pixel 7のLemongrass(薄黄色?)が好きだな~

Pixel 7のカラーリング

Obsidian(黒曜石)
Lemongrass(レモン草)
Snow(雪)

Pixel 7 Proのカラーリング

Obsidian(黒曜石)
Hazel(ハシバミ:植物の名前)
Snow(雪)

スペック

次にPixel 7シリーズのスペックについて解説します。

SoCはTensor G2

SoC(スマホの脳みそ)はPixel 6シリーズに搭載されたものの次世代モデルである「Google Tensor G2」。

Tensor G2 は、消費電力やレイテンシを抑えつつ、Google の機械学習モデルを実行します。これにより Google Pixel は、かつてないほど高速かつ便利になりました。

Google Pixel 7 を支えるチップ。

具体的には

  • 処理速度の向上
  • カメラ撮影時における画像処理能力の向上
  • 音声認識能力の向上
  • GPU性能向上による、より滑らかなグラフィック

などが見込めるようです。

Pixel 7シリーズで最も進化したポイント!

メモリ

Pixel 7は8GB、7 Proは12GBのメモリを搭載します。

他機種とほぼ同等のメモリ容量ですね。

ディスプレイ

Pixel 7シリーズではディスプレイにも変化がありました。

Pixel 7は6.3インチディスプレイ、7 Proは6.7インチディスプレイを搭載します。

最大輝度が25%向上

画面の最大輝度が25%向上しました。

屋外での視認性が大幅に向上することが期待されます。

リフレッシュレート

リフレッシュレートは前シリーズと同じく、Pixel 7は90Hz、7 Proは120Hzです。

バッテリー

Pixelのバッテリー自動調整機能により、24時間電池が持つとされています。

また、スーパーバッテリーセーバーを有効にすれば72時間の電池持ちが期待できます。

Pixel 6シリーズでも同様のことをGoogleは言っていたけど、実際にはそれほど電池持ちはよくありませんでした。

Tensor G2の省電力性能に期待!

カメラ

フロントカメラ(自撮りカメラ)は共通で1,080万画素ですが、92.8°のより広角カメラとなりました。

音声ガイド付きで、よりキレイな自撮りが可能となっています。

また写真に映る不要物をワンタップで削除する「消しゴムマジック」は引き続き搭載し、さらにワンタップでノイズやピンボケを削除する機能も新たに搭載します。

Pixel 7のカメラ

広角カメラと超広角カメラの2眼構成です。

広角カメラは事実上のメインカメラで、5,000万画素です。

Pixel 7 Proのカメラ

広角カメラと超広角カメラに望遠レンズを加えた3眼構成です。

望遠レンズは4,800万画素で、6 Proの4倍から能力向上し、5倍まで対応しています。

OSアップデート保証

3年間のOSアップデートと5年間のセキュリティアップデートが保証されます。

つまりAndroid 13を搭載したPixel 7シリーズは、Android 16までアップデートを受けられる見込みです。

Pixel 7シリーズは買いか

Pixel 7シリーズはSoCを中心に順調にパワーアップしています。

しかし、Pixel 6aが50,000円を切る価格で購入できることを踏まえると、そこに25,000円をプラスしてPixel 7を購入する価値があるかは少し疑問が残ります。

  • 新しい物好き
  • Tensor G2のサクサク感を体験したい

といった方はPixel 7シリーズを購入する意味があるかもしれません!

Pixel 7シリーズを安く手に入れる方法

前シリーズに比べるとやや高価なPixel 7シリーズですが、安く手に入れる方法がいくつかあります。

こちらの記事では、それらについて詳細に解説していきますので、ぜひご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました