Oneplus10Tのリークが公開【フラッグシップキラーに?】

ガジェット
この記事は約6分で読めます。

(2022年8月5日追記)
Oneplus10Tが公式に発表されました。
詳細についてはこちらの記事をご覧ください!

以下の情報は、リーク時の情報になります。
(追記ここまで)

Oneplusは近年、フラッグシップモデルに限らず、Oneplus NordやOnplus Aceなどを発売し、ミドルクラスのスマホにも力を入れ始めています。

しかし、あくまでも主戦場はハイスペックモデル。
そんなOneplusから次に発売されるであろうOneplus 10Tのリーク情報がithomeから公開されているので、解説していきます。

また、記事後半では前機種であるOneplus10Proとの比較もしています!

Oneplus 10Tはどんな端末?

  • 発表は7月29日という情報
  • 価格は従来より抑えられて8万円程度になりそう
    • 円安の影響で予想以上の値上がりも…?
  • 前世代のOneplus 10Proに比べて順当な進化価格の低下
    • Socは一世代新しく
    • 価格は10%ほど安く
  • フラッグシップキラーというには、まだ価格が高い
  • サブカメラが、実用性低めのマクロカメラ

Oneplus 10Tのリークされた情報

以下の情報はあくまでも、リークされた情報であり、確定情報ではないことに留意してください。

Oneplus 10Tの発表日

2022年7月29日にOneplus 10Tが発表されるという情報があります。

2022年8月3日にニューヨークのイベントで公開されることが決定しました。
OxygenOS13も合わせて公開されます。

まだOxygenOS12すら配布されていない端末が多いのに…

引用元

外観

上の画像はリークのレンダリング画像です。

背面は3つのカメラとLEDフラッシュライトから構成されています。

リークで有名なOnleak氏のリークも公開されました。

Onleak氏の高解像リーク

背面、結構ごつめなんだな…

またOneplus10Tは、Oneplus製品に特徴的なアラートスライダーを搭載しないという噂があります。
これが本当なら相当悲しいですが、発売時にはどうなるのでしょうか…

(2022年7月26日追記)
アラートスライダー非搭載で確定のようです。
THE VERGEによるOneplusのチーフデザイナーへのインタビューによると、

より高い電圧での充電、大容量のバッテリー、より良い電波の受信環境のために、アラートスライダーを外すことが必要でした。
一見アラートスライダーは小さな部品ですが、30mm2を占めており、マザーボードへの圧迫も大きいです。

The OnePlus 10T won’t have a mute switch — here’s why

とのことです。

なおリーク情報に基づくと、Oneplus10TはOneplus10Proに比べ、速い速度での充電は可能ですが、バッテリー容量が減少しています。

言いたいことは理解できるけど、アラートスライダーを失ったOneplus端末って…

Oneplus10ProとOneplus10Tの比較画像も掲載されています。

フラッシュライトの位置が変更になったり、フレームが金属からプラスチックになったりして、細かく変化していますね。
また、このリークが本当であればアラートスライダーが非搭載ですが…

発売時期

2022年の7月頃にインド等で発売されるという情報があります。

2022年の後半中に発売されることはほぼ確定しているようです。

スペック

まず、前世代の機種であるOneplus 10ProとOneplus 10Tを比較してみます。

項目Oneplus 10TOneplus 10Pro
価格8万円前後約8.5万円~
SocSnapdragon 8+ Gen1Snapdragon 8 Gen1
メモリ8~12GB
ディスプレイ6.7インチ、LTPO2 OLED
リフレッシュレート120Hz
メインカメラ5000万画素4800万画素
超広角カメラ1600万画素5000万画素
サブカメラ2000万画素のマクロカメラ800万画素の望遠カメラ
バッテリー容量4800mAh5000mAh
急速充電150Wの急速充電80Wの急速充電
Oneplus10TとOneplus10Proのスペック対照表。青が優れている点です。

Socでは順当に進化しており楽しみなところです。

一方で、バッテリー容量は若干ですが減少しています。
急速充電の大幅強化によって、バッテリー容量の減少を補完するという意図でしょうか。

またリーク通りであれば、サブカメラはマクロカメラとなりますが、望遠カメラに比べて圧倒的に使い道がないので、普通に望遠カメラを搭載してほしいところですが…

Antutuスコア

91mobilesによると、Oneplus10TのAntutuスコアがリークされたとのことです。

引用元

このスコアは今までのどの端末のスコアをも超えるスコアです。
最新SoCの実力に期待が高まりますね…!

Oneplus 10Tでの原神のプレイ

Yogesh氏によると、次期Oneplus端末(Oneplus 10Tを指しています)で原神を最高画質設定でプレイしたところ、平均で57fps、端末温度は43~46℃で推移したようです。

なお、Oneplus10 Proで同様の設定でプレイしたところ、平均55fpsで端末温度は45~49℃だったようです。

このことから次世代SoC(Snapdragon 8+ Gen1)はよりよいパフォーマンスがより低い温度で実現されているといえますね。

360°アンテナ

引用元

公式の情報によると、Oneplus 10Tは360°アンテナを搭載し、全ての方向からの電波を捉えられるようです。
このことにより、電波起因のラグが軽減されることが見込まれます。

Onplus10Tについてまとめ

Oneplus10Tは、以前発売されたOneplus10ProとOneplus10Rの中間的な位置づけになりそうです。

フラッグシップキラーというには、やや価格が高い気もしますが、サプライズ的な価格発表を期待したいところです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました