【レビュー】GMO順位チェッカーは破格の安さのクラウド型ツール

ブログ運営
この記事は約7分で読めます。

ブログ運営されている方は、自分のサイトがGoogleなどのサーチエンジンでどの位置に表示されているか(検索順位)が気になると思います。

また検索順位を知ることで、自分の記事がSEO的に良い評価を受けているかを確認することもできます。

つまり、一向に上位表示されない記事は、何かしらの原因でSEO的に良い評価を受けていないはずですが、検索順位を知らないままだと、そのことすら分からずに記事を書き続けるハメになります。

このような理由で、検索順位を知ることはブロガーにとって不可欠なことになります。

検索順位を知らないままにブログを書き続けるのは、あまりにも遠回り!

検索順位を知るためには、検索順位チェックツールが非常に有用です。

検索順位チェックツールの1つに、GMOが運営している「GMO順位チェッカー」があります。

GMO順位チェッカーは2022年の5月にリリースされたばかりの新製品で、PCを起動せずに使える、クラウド型の順位チェッカーです。

本記事ではGMO順位チェッカーの機能・特徴や使い心地について、詳細に解説していきます。

また、クラウド型検索順位チェックツールについて詳細にまとめた記事はこちら!

GMO順位チェッカーのメリット・デメリット

結論から述べると、GMO順位チェッカーは、
破格の安さのクラウド型検索順位チェックツール
です。

まずはメリット・デメリットを一覧にまとめます。

  • 検索順位チェックツールとしての根幹の機能は必要十分
  • クラウド型なので、PCをわざわざ起動する必要はないし、スマホからでもデータを確認できる
  • クラウド型のツールにしては破格の安さ
  • GRCやRank Trackerのデータを簡単に移行できる
  • 最初の3ヶ月はクレカの登録無しで完全無料
  • UI(画面の見やすさ・使いやすさ)がまだ発展途上
  • 検索順位を閲覧する時に、少しだけ読み込み待ちが発生する

以上から、GMO順位チェッカーはこんな人にオススメです。

  • 検索順位チェックツールを初めて使う
  • 検索順位チェックツールにあまりお金をかけたくない
  • パソコンをわざわざ起動したり、ソフトをインストールするのが面倒

これらの項目に当てはまる人は、とりあえず3ヶ月間の無料期間だけでも利用してみることを強くオススメします!

GMO順位チェッカーの機能

GMO順位チェッカーは、一般的な検索順位チェックツールと同様の機能を一通り備えています。

本記事では、主な機能について要点を絞ってご紹介します。

検索順位チェック

検索順位チェック機能が最も主な機能です。

GMO順位チェッカーはクラウド型のツールなので、わざわざパソコンを起動する必要がありません。

ユーザーが何もしなくても、勝手に順位をチェックしてくれます。
なお他のクラウド型ツールと異なり、手動で順位をチェックすることも可能です。

検索順位情報の閲覧

検索順位の閲覧機能も、主要な機能の1つです。

自動的にチェックしてくれた順位を一覧で表示できます。

GoogleやYahooでの表示順位、当該キーワードでの検索結果数、キーワードのSEO難易度などがチェックできる
表示項目は絞ることも可能

スマホからのデータの閲覧も可能

GMO順位チェッカーはクラウド型ツールですので、スマホからデータを閲覧することも可能です。

スマホからのスクリーンショット

やや画面が手狭にはなりますが、データの確認程度であれば可能です。

メモ機能

ブログ運営においては、リライトや、リライト後の順位変動の確認が大切です。

そのため、どのキーワードを狙ってリライトしたのかをメモする必要がありますが、GMO順位チェッカーにはメモ機能が標準で付いています。

メモの例

インポート機能

現在、GRCやRank Trackerを利用しているユーザー向けの機能です。

GRCやRank TrackerからエクスポートしたCSVファイルを取り込むことで、

  • 登録キーワード
  • 順位履歴

を引き継ぐことができます。

GRCやRank Trackerのデータを引き継げる!

料金

GMO順位チェッカーの料金プランはとても明快です。

フリープラン

まず90日間、無料かつ自動更新なしでお試しすることができます。
クレジットカードの登録も不要です。

なおフリープランでは、登録可能キーワード数は100語までとなっています。

有料プラン

プロ100プロ1000エージェンシー5000エージェンシー10000
月額485円980円1,485円1,980円
年額10ヶ月分の料金で12ヶ月利用可能に(15%割引)
登録可能URL数5件50件250件500件
キーワード数100語1,000語5,000語10,000語
順位CSV保存
プラン一覧(引用元

有料プランは以上のようになっています。

個人利用であれば、プロ100もしくはプロ1000で十分すぎるでしょう。

GMO順位チェッカーの特徴

次にGMO順位チェッカーの特徴的な点について解説します。

クラウド型チェックツールである

上述した通り、GMO順位チェッカーはクラウド型のツールです。

クラウド型のツールは、パソコンにインストールする必要がなく、クラウド上(ネット上)で自動的に稼働します。

GRCを始めとするインストール型のチェックツールに比べて、手間が大幅に減る一方、価格が高くなる傾向にあるという特徴があります。

クラウド型のツールとしては破格の安さ

クラウド型のチェックツールは非常に便利なのですが、一方で料金が高いという欠点があります。

そんな中GMO順位チェッカーは、最低月々485円という破格の安さで提供されています。

サービス名GMONobilistaGyro-n SEOBULLAZC
料金485円/月990円/月9,600円/月6,550円/月993円/月
キーワード数100150160200
契約期間1ヶ月から1年から
なお、ここで挙げた料金(税込み)は、代表的なプランのものです。

この表は、他のクラウド型チェックツールとの料金比較です。

こちらから、GMO順位チェッカーがいかに破格の安さか理解できると思います。

GMO順位チェッカーは安すぎて不安?

それでは、なぜGMO順位チェッカーはこれまでにも安いのでしょうか。

恐らく、GMOがこのツールを提供開始した時期が関係しているのだと思われます。

GMO順位チェッカーは2022年の5月にサービスを開始しましたが、この時点で他のクラウド型ツールは既に広く利用されています。

つまり、後続ツールであるGMO順位チェッカーは、価格優位性を出さないと存在感を示せません。

サービスの質が低いからではなく、他のサービスへの対抗策としてこの価格が実現されていると考えるべきでしょう。

GMO順位チェッカーの使い心地

結論から言えば、GMO順位チェッカーの使い心地は発展途上と言わざるを得ません。

主な理由としては

  • UIがイマイチ
  • データの読み込みに若干時間がかかる

ことがあげられます。

UIがイマイチ

GMO順位チェッカーは、UI(画面の見やすさ)がイマイチであるように感じます。

「どこにどのデータがあり」、「どこで何の設定をする」のかが、直感的に分かりづらいと感じることがあります。

例えば、サイドバーに「新規登録」とありますが、これはキーワードの新規登録ではなく、ウェブサイトの新規登録を指しています。

サイドバーの項目

慣れれば何と言うことはないのですが、初見では少し戸惑ってしまいますよね…

データの読み込みに若干時間がかかる

GMO順位チェッカーを使っていて、最も気になった点です。

検索順位を閲覧する際に、所々ローディングが挟まります。

GRCなどのインストール型のツールでは発生しない事象なので、少しずつストレスが溜まる感覚があります。

レポートの閲覧中にLoadingが挟まることがある

GMO順位チェッカーはまだこれから発展の余地がある

しかし、検索順位チェックツールとしての根幹の機能には全く問題がありません。

UIや多少の遅延といった問題は、アップデートを通じて徐々に改善されていくのではないでしょうか。

まとめ

GMO順位チェッカーは破格の安さのクラウド型ツールです。

最初は3ヶ月完全無料で使えるので、

  • 検索順位チェックツールが初めての人
  • クラウド型のチェックツールに興味がある人

などは、とりあえず試してみることからスタートしてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました